脇の埋もれ毛になりやすい処理方法となった場合の解決方法。

脇の埋もれ毛になりやすい処理方法となった場合の解決方法。

 

脇の埋もれ毛は、毛穴から出てくるはずの毛が皮下に埋もれたまま伸びている状態の事です。皮下直下で伸び続ければ、目で確認することも可能です。こういった埋もれ毛は、ピンセットなどで無理やり毛を引き抜いた際に、毛が切れて毛根から逸れてしまったり、肌を傷つけたために肌が修復をしようと毛穴を塞いでしまったことが原因となることが多いと言われています。

 

脇の埋もれ毛は毛抜きなどで毛を抜く処理方法によく見られるトラブルなのです。埋もれ毛は放置すると時に、炎症をも引き起こし、最悪の場合は化膿し手術が必要となる場合もあります。

 

手術といっても皮膚を切開して、膿と埋もれ毛を取り出し、消毒するという非常に簡単なものですが、化膿がひどくなれば発熱をも引き起こしますし、免疫力も低下し、他の病気にかかりやすい環境を作ってしまいます。

 

 

脇の埋もれ毛を作らないのが一番ではありますが、埋もれ毛ができてしまった場合は、自己判断で無理やり毛を掘り出すようなことはせず、皮膚科で早めに対処するのが賢明です。自分で肌を傷つけてしまってもトラブルの原因になりますからね。埋もれ毛にならない処理方法の選択と、埋もれ毛を見つけた時には専門科による処理を心がけましょう。

  • 2019/09/05 17:57:05